自分で直せる可能性もある排水管の水漏れ

自分で直せる可能性もある排水管の水漏れ 家の中には、さまざまな場所に排水管が配置されています。水を使えば流さなければならない以上、排水管は設備を機能させる上で重要な役割を果たしています。どんなに水が豊富でも、使った後の水を処理できなければ水浸しになります。それも使った水を垂れ流しにするのは、衛生上もよくありません。生活の上でおおきな影響があるので、きちんと管理する必要があります。水漏れも大きな問題です。そのまま放置すると家を侵食することにもつながるため、細かな点検も必要です。

■水が自然と流れていく構造

まず構造を考えてみると、排水管はシンクにも取り付けられていますが、使用した水を流すために存在しています。給水管とは異なり、強い圧力をかけているわけではありません。高いところから低いところへ流れる水の特性を利用している構造だからです。
そのため仮に途中で詰まっても、圧力で強引に流してしまうことができません。また、同じ理由から亀裂や隙間ができたとしても、水が吹き出すように漏れることはありません。使った分に応じて、排水管 水漏れしてくるのが特徴です。使ったときだけ漏れだすために、どうしても発見が遅れてしまうことになりがちです。被害の発生や状況が分かりにくいので、厄介なことになる場合もあり、注意が必要です。

■自分で直せることも
排水管 水漏れは、状況によっては自分で直せる場合もあります。ただし、何でも直せるわけではなく、あくまでもケースバイケースです。自分では無理だと思ったら、すぐに専門業者に依頼しましょう。
自分で直す場合は、まずどこから水漏れしているのかを見つけます。場所によっては排水管が見えない部分もあるので、水漏れしている部分を探すのが難しい場合もあり、かなり注意して見つけ出さなければいけません。一般的には、接続している部分のパッキンの劣化が水漏れの原因になりやすいため、まずチェックしてみるといいでしょう。水が流れた痕跡は、大事なヒントです。わずかな痕跡でも、追っていけば原因にたどり着けるからです。
配管に異物が詰まってあふれ出している場合は、詰まっている場所を探す必要があります。排水管はシンプルな構造の分だけ、原因の箇所を見つけにくいのが問題です。硬いものが詰まっている場合には、管を軽く叩くことで判別できる場合もあります。強くたたいて管を傷つけないように注意して、音が他の部分と違うところを見つけるのがポイントです。

■種類の違いがある

排水管にも種類がいろいろとあり、どこでも同じものが使われているわけではありません。交換するとなれば、種類の確認から始めなければいけないでしょう。その際には管の口数も確認します。一般的なものは上下1つずつしかありませんが、複数のシンクがある場合にはY型と呼ばれる受け口側が二股のものが取り付けられています。
他にも、形状として差し込み型のものもありますし、ネジがついていて締めて取り付けるものもあります。ここにはゴムのパッキンが使われていますが、防臭ゴムになっているところが排水管の特徴です。接続する場合には、差し込み型は切断しなければいけないため、取り付け方法を事前に確認しておく必要があります。長さの調節のためには工具も必要になるので、形状を確認しつつ、無理があると思ったら専門業者に依頼したほうがいいでしょう。

■まとめ
何か異物が詰まってしまうことで水が流れなくなってしまうこともありますし、接続部から水漏れすることもあります。どちらの問題も、汚水が周囲に広がってしまうトラブルになってしまいます。自分で配管を直すだけではすまない可能性も出てきます。状況によっては、もっと根本的なレベルで、管内を洗浄して対処する必要も出てきます。汚れがたまりやすい環境にあるため、定期的に点検をした方がいいでしょう。知識を持つことで未然防止できる部分も多くあるため、いろいろと参考にしながら排水管の管理をしてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース